【症状がとても似ている】適応障害とうつ病の違いを徹底解説

うつ病と適応障害、二つの違いをご存じですか?

心の症状の違いを理解する

レディ

適応障害とは環境変化など心理的要因が大きい心因性の病気、うつ病はストレス蓄積による脳機能異常が原因の内因性の病気です。ストレス要因を排除した時に改善するのが適応障害、排除しても改善が困難なのがうつ病という違いがあります。

ハッキリと違う症状

医者

似ているようで違います

うつ病と適応障害は似ている病気といわれますが、実はハッキリとした違いがあります。その違いがいったいどのような症状なのか説明していきます。まずうつ病は、気落ちする状態が何日も続き、ネガティブな発言が多くなり、最悪の場合は自殺願望を持ってしまうこともある精神的病です。ストレスやショックな出来事に遭遇することによって発症するケースが多く、表情は暗くなり、症状によっては入院することもあります。そして適応障害は、自分に合わない環境や人間関係などから、その状況に立ち入ったとき、または立ち入ろうとするときに症状が出てくる精神的病です。たとえば、学校や仕事に行こうとすると、その直前に適応障害の症状が現れてきます。症状は人それぞれさまざまで腹痛を感じる人もいれば頭痛を感じる人もいますし、体がだるくなって動かなくなる人もいます。それ以外のときは普段と変わりなく過ごし、仕事や学校へ行く直前になることが多いため、周囲からは仕事や学校を休みたいから仮病なのではないかと誤解を招いてしまうこともあり、なかなか病気だと理解されない場合もあります。主な原因は、仕事や学校での環境が合わないこと、人間関係でのストレスなどが伝えられています。適応障害も立派な精神病で、症状を放置させてしまえば悪化することもあり、治療するにも時間がかかることもあります。うつ病も適応障害と同様、ただ落ち込んでいるだけなのではないかと誤解され、周囲から理解されずに放置されるケースが多々あり、症状を悪化させてしまうこともあります。症状に違いはあれど、両方とも早期の治療を行うことで完治も早くなるといわれています。治療方法も違いますので、うつ病なのか適応障害なのか、ハッキリ判断していくことも必要なので、もし治療を行なう場合は病院の医師に症状をちゃんと伝えることが重要です。うつ病の場合は、落ち込んで暗い状態が1ヶ月以上続いてしまえば、症状を疑っても良いといいます。適応障害は、毎度毎度仕事や学校に行こうとすると症状が続けてあらわれるようであれば、病気ではないかと考えて良いかもしれません。

環境変化とそれに伴う病気

男性

環境の変化に合わせようと努力しても、目指した結果につながらず、上手く適応できなかった時に生じやすいのが適応障害です。うつ病とは異なるベクトルの症状も特徴的ですが、発症原因を的確に把握できるのが、うつ病との明確な違いになります。

早期に専門クリニックへ

カウンセリング

適応障害の症状は、うつ病になる一歩手前の黄色信号です。少しでも早く専門のクリニックに行き、カウンセリングを受けましょう。また、適応障害はストレスを過度に感じない状態では普段と変わらない生活ができるのが特徴的で、うつ病との大きな違いです。

精神疾患を把握する

ハート

適応障害やうつ病は、ストレスが原因となって発症する精神疾患です。まわりに攻撃的になり、ストレスから離れると症状が治まる適応障害に対し、うつ病は自分で悩みを抱え込み、ストレスがなくなっても症状が続くというような違いがあります。

ストレスから起きる病気

ドクター

適応障害とうつ病は症状が似ていため違いに気づけないこともあります。原因となるストレスをなくせば適応障害は改善しますがうつ病の場合は抑うつ状態が続きます。本人が病気に気づかないこともあるので周囲の人が診察を勧めることも大切です。