【医師に症状をちゃんと伝える】適応障害とうつ病の違いを徹底解説

婦人
  1. ホーム
  2. ストレスから起きる病気

ストレスから起きる病気

ドクター

早めの治療が大切

人は家庭や学校、職場などで様々なストレスを抱えながら生活しています。大抵の人はそのストレスを発散させる方法を見つけたり、なんとかそれと折り合いしたりしながら暮らしています。しかしそのストレスを溜め込んだままにしておくと体や精神に影響があらわれる場合もあります。ストレスによる不安や焦りから、イライラしたり怒りっぽくなったりすることも起こってきます。また食欲不振や不眠、頭痛といった症状があらわれる場合もあります。これらのような症状が見られる場合は適応障害かうつ病を疑ったほうがいいかもしれません。この二つの病気の症状は違いがあまり見られないため医師でも慎重な検査と診断が必要となります。様々な症状からうつ病を疑い診察をしてもらったところ適応障害だったということもよくあります。では適応障害とうつ病の大きな違いとはなんでしょうか。その違いは原因となるストレスがなくなれば適応障害の場合は症状が改善することです。たとえば仕事で大きなストレスを抱えていた人が、その仕事からはなれたところ様々な症状が治まったという例もあります。原因となるストレスを取り除けば適応障害は治るのです。それに対してうつ病はストレスの問題をクリアしてもその症状はなかなか改善しません。常に不安感や集中力の欠如、倦怠感などの症状に悩まされます。適応障害やうつ病は本人が病気だと気づかないことも多いので、周囲の人が異変に気づいたらクリニックでの診察を勧める事が大切です。また治療するクリニックもそれぞれ違い、適応障害の場合は心療内科、うつ病の場合は精神科や神経科で治療が行われます。どのような病気にも当てはまりますが、早期の発見や治療が大切です。放置しておくと重症化して完治するのが遅くなってしまいます。また適応障害の場合は進行するとうつ病になってしまうこともあります。適応障害は子供の場合、指しゃぶりや赤ちゃん言葉を使ったりする様な症状が出ることもあります。また聞き分けのいい子供だったのが急にわがままになったりもします。大人の場合はアルコール依存やタバコの量が急激に増えることもあります。このような症状を引き起こさないようにするためにも、きちんと医師に相談するとよいでしょう。