【症状がとても似ている】適応障害とうつ病の違いを徹底解説

婦人
  1. ホーム
  2. 早期に専門クリニックへ

早期に専門クリニックへ

カウンセリング

似ているが症状が違う

最近の世の中は、ストレスを抱えやすい社会になっています。特に仕事をしている人にとっては、避けることができないストレスですが、ストレスが過度にかかってしまいますと、適応障害やうつ病といった病気になってしまいます。多少のストレスは抱えておいた方が良いと言われていますが、これもほどほどにといった感じでしょう。さて、適応障害とうつ病の違いはどこにあるのか、実際になってしまった人であれば内容を理解している人は多いです。しかし、一度も適応障害やうつ病になったことがない人の場合は、その名前は聞いたことがあったとしても、実際にその内容が何か、わかる人は少ないです。適応障害に関しては、社会的な機能が著しく阻害されている状態のことを言います。とても大きなストレスを抱えることによって、日常の生活や対人関係で支障をきたして不安感を覚えたり、心配等が大きく出てきたりする場合は適応障害です。また、適応障害の場合にみられる行動の症状は、抑うつ状態が原因となっている不安や焦り等です。また、お酒等に依存する行動も適応障害に起こります。これらの症状は、適応障害ではなかったときは、全くない行動となりますので、他人からみると、急にこの人は性格が変わってしまったと誤解されやすくなります。さて、うつ病の場合は、抑うつ状態がずっと続いてしまいます。寝ているときはよいですが、起きた段階ではすでに抑うつ状態になってしまい、これが寝るまで続いてしまいます。もちろん、不眠症になることも多いので、なかなか寝付くことができません。適応障害の場合は、過度なストレスから解放されているときは、通常とほとんど変わらない生活ができます。ここはうつ病の症状と大きな違いになってきます。この違いを知っている人は適応障害になってしまった人が性格が変わってしまったとは感じません。ストレスから解放されているときは特に何事もないわけですから、正常な人と一緒です。いずれにしても、ストレスを過度に感じたりして精神的にも肉体的にも最近おかしいと感じたら、心療内科や精神科に行き、カウンセリングを受けましょう。そして、この症状の違いは自分がならなくても知っておいた方が良いでしょう。